君と僕と僕と君

推しへの愛が止まらない

まいまい毎日マイペース

 

こんちゃ。

ようやくまいまいロスから立ち直った気がするとりゃあきです。

深川麻衣卒業から1年が経ちました。

 

そういえばやってなかったなと思い出したので4月に観劇したスキップについてまとめつつ深川麻衣卒業から1年を振り返りたいと思います。

 

 

2016年6月16日 深川麻衣卒業

f:id:ng-aki:20170616231522j:image

部活の関係でスタートラインにも立てませんでした。

家でレポを見て号泣しました。

モバメ終了、ブログクローズ。

立ち直れませんでした。

 

待ち受けはずっとまいまいと飛鳥ちゃんの2ショットでした。

年が明けてもずっと。

 

 

2017年2月20日 橋本奈々未卒業

ななみんの卒コンに行けたことでなんとなくまいまいロスも吹っ切れた気がしました。

ななみんの美しすぎる最後を見ることができたことでまいまいも同じような最後だったんだと思いました。

待ち受けも変えました。

 

 

2017年4月27日 スキップ観劇

f:id:ng-aki:20170616231702j:image

スキップ観劇について。

あらすじ

昭和40年代の初め。一ノ瀬真理子は17歳で、県立高校の2年生。運動会が雨で中止になり、帰宅して、レコードを聴きながら、ついうたた寝をしてしまう。次に目覚めた時、真理子は見知らぬ家の中にいた。そこへ、同い年くらいの女の子が帰ってきて、真理子を「お母さん」と呼んだ……。そこは真理子の家だった。真理子は42歳で、苗字は桜木。職業は高校の国語教師で、夫と17歳の娘がいた。うたた寝をしている間に、25年の月日が流れてしまったのだ。真理子は元の時代に戻れるまで、42歳の桜木真理子として生きていこうと決心する。まずは教壇に立って、国語の授業をしなければならない……。*1

 

 

小説が原作としてあるので原作の文章をそのまま演者がセリフとして展開していくという感じで初めて観るスタイルでした。

場面転換も演者が流れの中で行うもので負担は大きかったと思います。

ツイートのとおり主演のまいまいはセリフの量がほんとに膨大でしかもセリフ回しも速くて、でもそれをほぼ完璧に演じていました。

 

終盤、真理子と池ちゃんが会うシーン。

そして真理子が夫と出かけるシーン。

涙が止まりませんでした。号泣でした。

 

カーテンコールの3回目。

女優として変わらずに生まれ変わったまいまいのその笑顔は、乃木坂にいた頃と全く変わらないくしゃっとした笑顔でした。

涙止まらなかった。。

 

これから女優としてどんどん大きくなっていくんだろうなと確信しました。

 

 

 

ちょうど1年ぶりに生のまいまいを見てようやく、ようやく1歩進めた気がします。

でもそれでいいんだよね。

『まいまい毎日マイペース』

マイペースに1歩踏み出せたのかな。なんて。

 

 

 

いつまでもずっとずっと大好きです。

 

 

f:id:ng-aki:20170616231927j:image

 

 

おし( ´ω` )まい

 

 

 

 

*1:スキップ パンフレット

レ・ミゼラブルのすゝめ

 

 

 

どうも、2年前リボンの騎士を観るまでミュージカル食わず嫌いだったとりゃあきです。

 

 

5月30日にレ・ミゼラブルを観劇しました。

 f:id:ng-aki:20170601054602j:image

俗にいうレミゼってやつですね。

知ってました?レミゼって今年が30周年記念公演なんですよ。通算3000回以上の公演回数なんですよ。

そんな歴史のある最高のミュージカルに生田絵梨花さんは出てるんです。

ロミジュリも勿論歴史のあるすごいミュージカルでしたが今回はそれ以上だと思います。(そんなこと知ってるか)

 

勿論僕が観た公演も彼女がコゼット役を演じる昼公演です。

とはいってもこの日を狙ってチケットを取ったわけではなく、先行の時プリンシパルやバースデーライブでお金がなくて応募しなかったので当日券での観劇です。

7時から3時間並んで無事ゲットしました。(3時間は余裕w)

 

 

まあ前置きはこの辺にして内容に移っていきます。

とはいってもあらすじはググれば詳細なやつがいくらでも出てくるはずなのでググって下さい。

前科者がいい人になる話です(←おい)

 

まずね、帝国劇場がね、すごいんですよ(語彙力)

外観からもうすごいんですけど(語彙力)、入ってロビーがなんかすごくて(語彙力)、本日の出演者のパネルがすごくて(語彙力)、ステンドガラスもすごくて(語彙力)、トイレもなんかこうすごいんですよ(語彙力)

f:id:ng-aki:20170601054256j:imagef:id:ng-aki:20170601054312j:image

このチケット入れてくれるやつもすごくないですか?(語彙力)

f:id:ng-aki:20170601054230j:image

なにからなにまで格が違うっていうか。すごい、、、(g...しつこい)

 

席は2階補助席なので最後列だったんですけどホールも半端ないんですよ。

開演前から見えてるセットも圧倒的迫力って感じで。

 

あと僕がこれまで観てきたミュージカルと違うのは音楽です。

音楽って音源から流れてきてそれに合わせて歌うみたいな感じじゃないですか?

レミゼは違うんですよ。座席の最前ブロックで演奏するんですよ。

これもまた圧倒的迫力。すごいんです(←出ました)

 

 

ここからやっと内容です。

やっとです。ごめんなさい。

 

まずはなんと言っても誰もが知っているであろう『民衆の歌』です。

すごいです。

もうすごいしか言えないです(最初から)

 

あとはコゼットが歌う『プリュメ街』。

生田コゼットの登場に涙が止まりませんでした。

歌声が透き通ってとーっても綺麗で。

 

そしてやはり第1幕クライマックスの『ワン・デイ・モア』。

控えめに言って涙止まりませんでした。

圧倒的迫力(3回目)

休憩中トイレに行った帰りには女子中学生2人組も「ワン・デイ・モア迫力やばいね」なんて話しているのが聞こえました。

 

そしてそして第2幕エピローグ。

亡くなってしまった人々に再び光があたりその前でこれからを生きていく人々にバトンが渡される。

もう号泣です(ずっと泣いてました)

 

案の定最後のカーテンコールも号泣。

涙で顔をぐちゃぐちゃにしながら拍手していました。

なにからなにまで全部すごすぎて涙が止まりませんでした。

これは僕の自論ですが、「人は本当にすごいものを見たときには涙が出る」と思っています。

そんなすごいすごいすごいミュージカルでした。

 f:id:ng-aki:20170601054621p:image

 

と、まあここまで僕の「すごい」っていう感想を述べてきましたが、結局何が言いたいかってことなんですけど、ブログタイトルの通りレミゼ観に行った方がいいですよって話です。

たとえ生田絵梨花さんが出ていない公演であってもです。

すごいすごい言ってきたように本当にすごいから。

 

 

当日券がほぼ毎日出ているみたいなので「チケット持ってないよ」って方も大丈夫です。

ちなみに僕が観た2階補助席とB席は4000円と破格の値段なのでオススメです。

 

 

 

 

 

生田絵梨花さんがいなければ僕はレミゼを観ることも帝国劇場に行くこともありませんでした。

いつもきっかけをくれるいくちゃん有難う。

圧倒的感謝。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.5.27 3rdアルバム発売記念3期生単独公演 日比谷野外大音楽堂

 

 

 

 

3rdアルバム「生まれてから初めてみた夢」発売記念イベントとして日比谷野外大音楽堂で3期生単独公演が行われました。

今回のライブは通常盤1次2次購入者の希望者から抽選で参加できる無料ライブ。

AiiAシアターで行われた3期生単独公演はえげつないほどの倍率で超プレミアライブになっていましたが今回は外れている人はほぼ見なかったかと思います。

 

席は当日にランダム配布でした。

僕はBブロック8列の1番上手側で前から1/3くらいの位置だったと思います。

 

ということでセトリ。

 

M0 OVERTURE

M1 三番目の風

M2 ガールズルール

M3 夏のFree&Easy

ーMC

ーダンスパート

M4 インフルエンサー

M5 ここにいる理由

M6 命は美しい

M7 制服のマネキン

M8 ダンケシェーン

ーVTR

M9 せっかちなかたつむり

M10 偶然を言い訳にして

M11 あらかじめ語られるロマンス

M12 他の星から

ーVTR

M13 悲しみの忘れ方

M14 何度目の青空か?

M15 きっかけ

M16 君の名は希望

ーMC

M17 ぐるぐるカーテン

M18 裸足でSummer

M19 ロマンスのスタート

M20 おいでシャンプー

ーMC

M21 思い出ファースト

 

E1 ハルジオンが咲く頃

E2 ハウス!

ーMC

E3 乃木坂の詩

 

 

そうです。アイアとほぼ一緒。

良くてセブンライブくらいかなと思ってたらこんながっつりやってくれるとは。

久保ちゃんの言葉を借りればこれが「本当の千穐楽」でした。

アイアに行けなかった何人の人が救われたのでしょう。

当然僕もそのうちの1人です。

 

 

ということでライブは三番目の風から。

3期生曲で開幕から一気に会場は盛り上がりました。

f:id:ng-aki:20170531154430j:image

ガルル、夏フリと夏曲のあとはダンスパート。

そしてインフルエンサー

アイアのセトリを見たときにはまさか3期生にやらせるとは驚きましたが申し分ない出来だったと思います。

 

 

そしてユニットコーナーではついに見れました!

久保ちゃんのあらロマ!

「うわー見たい見たい」とずっと思ってましたがめっちゃ可愛かったです。

ああ天使。。

 f:id:ng-aki:20170531154439j:image

 

 

ユニットコーナーが終わると「歌声を届ける」コーナー。

1曲目は悲しみの忘れ方。

「爽やかな風が吹いて 木々の枝揺らしている」と始まるこの曲ではこれまで風なんて吹いていなかったのに歌詞の通りに爽やかな風が吹いて木々の枝が揺れていました。

僕正直この生歌コーナーだめなんです。

いっつも泣いちゃうから。

もうこの段階でウルウルでした。

 

2曲目は何空。

夕日で空が赤く染まってペンライトで会場は青く染まって綺麗でした。

そして何と言っても久保ちゃんのソロパート。

歌うますぎです。

綺麗すぎです。

可愛すぎです。

 

3曲目はきっかけ。

きっかけなんて普通に聴くだけでも泣きそうなのに。

12人ひとりひとりにソロパートがあってなんかもうああ、、、って感じでした。

 

そして最後は君の名は希望

ピアノ演奏は大園桃子

桃子がピアノに向かって歩き出した瞬間もう涙が止まりませんでした。

そして完璧に演奏して笑顔になる桃子。

可愛すぎです。

僕はもう号泣でした。

f:id:ng-aki:20170531154522j:image

 

 

後半戦は一気に駆け抜けて最後の曲は思い出ファースト。

フリがめっちゃ可愛かったです。

ライブ終わっても脳内でずっと流れてました。

 

 

本編が終わってアンコールはハルジオンから。

みなみんセンター素敵でした。

 

ラストは乃木坂の詩。

日が暮れて暗くなった会場を染める紫のサイリウム

最高に綺麗でした。

f:id:ng-aki:20170531154545j:image

 

 

 

12人それぞれがよさを出し助け合ってつくりあげたライブ。

3期生にとって初めての野外ライブは成功に終わったと思います。

 f:id:ng-aki:20170531154556j:image

 

 

 

別々に活動してきた選抜、アンダー、3期生が揃う真夏の全国ツアーが楽しみで仕方ありません。

 

 

 

 

 

続・最初で最後のプレゼントをした話。

 

 

前回 

ng-aki.hatenablog.com

 

 

3月の握手会で僕は齋藤飛鳥に高校卒業祝いのプレゼントを贈った。

実に5ヶ月近く悩んだ末にネックレスを。

 

3月末乃木坂46においてプレゼントを贈ることは禁止された。

 

最初で最後のプレゼント。

届かなかったらもう2度とリベンジのチャンスはない。

 


届いたかどうか聞かない方がいいと考える人もいるかもしれない。

だけど僕は僕のプレゼントで笑ってくれる姿が見たい。

 

 

僕の運が悪いせいで17thシングルは追加会場である5/14の券しか取れなかった。

アルバムは1枚も取れなかった。

2ヶ月ぶりに会うことになる。

全握も行けないので少なくとも向こう4ヶ月は会えない。

聞くタイミングはこの日しかなかった。

 

 

聞くしかない。

でも怖い。

もし届いていなかったら。

彼女を悲しませるために贈ったのではない。

笑顔が見たいんだ。

 

 

5/14の5部は齋藤飛鳥3枚のみだった。

1枚で済ませられる自信がなかったから貴重な3枚のうち2枚を受付に出した。

お姉さんが笑顔で送り出してくれる。

ありがとうお姉さん。

 

順番が近づくにつれ僕の胸の鼓動はかつてないほど速くなっていた。

もともと僕は緊張しいで特に齋藤飛鳥との握手はいつも緊張する。

この時の緊張は初めて彼女に会った時よりもひどかった。

 

そして僕の番になる。

あまりの緊張でいつも被っていくキャップを被っていないことに気づかなかった。

だけどそんなことはもはやどうでもいい。

 

あ「3月に卒業祝いでネックレス贈ったんだけど届いた?」

飛『ネックレス?あー届いてたかも。どんなやつ?』

あ「白、紫、水色、みたいなやつ」

飛『あー届いてた届いてた!』

あ「届いてた!?よかった。。」

飛『ありがとね』

あ「ううんこちらこそ」

 

泣きそうだった。

僕のプレゼントは届いていた。

彼女は笑ってくれた。

久しぶりに会った彼女は最高のありがとうと最高の笑顔をくれた。

推しが笑ってくれる、こんな嬉しいことはない。

大好きだ。

 

 

齋藤飛鳥のことを好きになってもう2年半以上経つ。

これまでたくさんのものを彼女に貰ってきた。

今回でそのうちの少しでも返すことができただろうか。

 

この先も僕は彼女からたくさんのものを貰うだろう。

いつまで経っても何をしても釣り合わないほどたくさんいろんなものを。

プレゼントはもう贈ることはできない、握手券は当たらない。

それでも変わらず彼女のことを応援し続ける。

 

あ「券取れなくなってきてて」

飛『うん』

あ「アルバムも1枚も取れなかったんだけど」

飛『えーそうなのー、、』

あ「変わらずに応援してるから」

飛『ありがとう』

あ「(大好き)」

 

最初で最後のプレゼントを贈ったことを思い出の1ページに刻んでこの先もっともっと彼女との思い出を作っていきたい。

ずっとずっと応援していたい。

彼女の笑顔を見たいから。

 

 

最後に、、、

齋藤飛鳥さん、僕と出会ってくれてありがとう。
世界で1番幸せになって欲しい。
あなたが世界で1番幸せなら僕は世界で2番目に幸せになれるから。

大好きだ。

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

2017.5.14 インフルエンサー 個別握手会 パシフィコ横浜

 

 

 

個人的に久しぶりの握手会でした。


以下レポです。

 

樋口日奈

3月ぶりでした。

3部
2枚
あ「ちまー」
ち『わぁー』
あ「ドラえもんめっちゃよかったよー」
ち『ほんとにー?ありがとー』
あ「実家愛知なんだけどね」
ち『うんうん』
あ「お母さんに勧めたら夫婦で行って」
ち『えー素敵ー』
あ「めっちゃよかったって」
ち『うわぁーありがとー』
あ「またね」
ち『またねーばいばい』


オフショルでした。
けしからんです。

「夫婦で〜」ってところでぎゅっと強く握ってくれてめちゃくちゃ可愛かったです。

 


北野日奈子

日奈子も3月ぶり。

4部
1枚
久しぶりの話。

2枚
‪あ「稽古調子どう?」‬
‪日『いい感じー』‬
‪あ「おーいいねー。まだ猫被ってるの?」‬
‪日『被ってないよ』‬
‪あ「じゃあもうわちゃわちゃだ」‬
‪日『わちゃわちゃ♡』‬

1枚
ワタボコリの声かっこよかったの話。


このあたりからほぼ待ち0くらいに過疎ってしまっていました。
券は売れてるのにどうしてでしょうか。
過疎ってるの見えてて券あるなら並んで欲しいです。

ここから怒涛の7ループ。


ワタボコリのギターの話。
小説の話。
髪型の話。
飛鳥ちゃんの話。
ブログの話。
あさひなぐの話。
ループの話。


もっと券買ってループしてあげたかったです。
この部に限らず人来なくて休憩に行っちゃうシーンも少なくなかったみたいですし。
申し訳ない。。

 


齋藤飛鳥

飛鳥ちゃんも3月ぶりです。
会えなさすぎて寂しかったです。

4部
1枚
あ「あすかーひさしぶりー」
飛『おー』
あ「あ、お花ちっちゃいのだけど出したから」
飛『出してくれたの?ありがとー』
あ「あの1番ちっちゃいやつ」
飛『おーありがと』

ちっちゃいけどショボいけどお花出しました。

久しぶりに会えて泣きそうでした。
大好きです。


5部
2枚

めちゃくちゃ緊張しました。
聞くの怖かったです。
でも届いててよかった。
笑顔が見れてよかった。
少しはお返しができたでしょうか。


1枚
あ「券取れなくなってきてて」
飛『うん』
あ「アルバムも1枚も取れなかったんだけど」
飛『えーそうなのー、、』
あ「変わらずに応援してるから」
飛『ありがとう』
あ「(大好き)」

好きすぎて最後声出なかったです。。
申し訳ないことに運がくそなので関東ほぼフルでも全落でアルバム0枚です。
17thも今回しか当たらなかったし。
向こう4ヶ月以上会えないのは死んじゃう。。

 


1ヶ月ぶりの握手会でしたがめちゃくちゃ楽しかったです。
今回くらいの規模で今回くらいの人数だと居心地いいし楽でいいですね。

あさひなぐメンバーは稽古でほんとに大変な時期にお疲れ様でした。
がんばれ。
3回観に行きます。

2017.4.22 アンダーライブ全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜 千穐楽

 

 

 

ついに千穐楽です。
セトリから。


影ナレ ちはる 能條
M0 OVERTURE
M1 風船は生きている
M2 シークレットグラフィティー
M3 春のメロディー
M4 13日の金曜日
M5 ブランコ
ーMC かりん みり愛 絢音 ? ちはる
ーVTR F3(ファンタスティック3)
M6 狼に口笛を(‪みり愛)
M7 自由の彼方(みり愛)
M8 ここにいる理由(みり愛)
M9 生まれたままで(川後)
M10 左胸の勇気(川後)
M11 扇風機(川後)
M12 君は僕と会わない方が良かったのかな(能條)
M13 初恋の人を今でも(能條)
M14 涙がまだ悲しみだった頃(能條)
ーVTR 表題曲 アンダーライブver.
M15 制服のマネキン(‪みり愛)
M16 今、話したい誰かがいる(川後)
M17 バレッタ(能條)
M18 ぐるぐるカーテン
ーMC 写真でくらべてみました
ーVTR
M19 別れ際、もっと好きになる
M20 嫉妬の権利
M21 不等号
M22 あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
ーMC みり愛
M23 インフルエンサー

EN1 ロマンスのスタート
EN2 ハウス!
ーMC みり愛 ‪能條 川後 ‪山﨑
EN3 風船は生きている(Full ver.)

WEN ダンケシェーン

TEN ガールズルール

 

開幕『風船は生きている』。
白く染まる東京体育館

「最弱でも」「最高に」「熱くなれる」「それが」「アンダーライブ!」。
毎公演この場面でウルウルしてましたが今回が1番やばかったです。
一気にボルテージが上がりアンダー曲ラッシュ。


そしてラストのF3はみり愛、川後、愛未ちゃん。

みり愛は今回多くの曲をセンターとして披露してきましたが今回も素晴らしかったです。
小さい身体を大きく大きく動かしたダンスは他のメンバーを見ようとしても引き寄せられてしまうほどだったと思います。

川後はほんとに可愛かった。
MCで見せた涙が今回のアンダーライブを物語っていたと思います。

愛未ちゃんは舞台が続く大変ななかでも素晴らしいパフォーマンスでした。
歌の上手さは勿論のこと見る人を惹きつける力があったと思います。


F3が終わってVTR。
昼公演で内容が変わっていたと言いましたが千穐楽バージョンで昼公演の映像も入っていました。
そしてVTR明け。
これまでなら別れ際のポジションについてイントロが流れるところを12人での円陣。
「うちらは乃木坂上り坂!46!」
ウルウルが止まりませんでした。
ここからラストスパート、全部出し切るぞ、これがアンダーの本気だ、そういう想いが伝わってきました。
別れ際、嫉妬、不等号、咄嗟。圧巻でした。
これまでのどの公演よりもさらにパワーアップしていました。


MCではセンターを務めたみり愛の涙。
内容はネットニュース見てください。
最強のアンダーメンバーです。

blog.nogizaka46.com

f:id:ng-aki:20170427155632j:image


本編ラストはインフルエンサー
最高のパフォーマンスでした。
くどいようですがこれまでのどの公演よりも最高でした。


そしてアンコール。
MCでは川後の涙、愛未ちゃんの力強い言葉、れなちさんの涙。

blog.nogizaka46.com

blog.nogizaka46.com

blog.nogizaka46.com

みり愛の「私たちは勝ちます」からラスト『風船は生きている』。
今思い出しても涙が出てきます。
最高の最高のパフォーマンスでした。


当然これで終わるわけにはいきません。
こんなライブを見せられたあとでアンコールだけで終わることなんて。
ダブルアンコールは『ダンケシェーン』。
メンバーもダンケシェーンに泣きそうと言っていましたが僕も泣きそうでした。
ダンケシェーンは最高の湧き曲であり最高の泣き曲だと思います。


ダブルアンコールが終わっても止まない乃木坂46コール。
これで終われない。終わらせちゃいけない。
その想いが届きトリプルアンコール。
曲は『ガールズルール』。
声枯れました。
ロマスタ、ガルルはダメです。笑

 

最高のライブでした。
4公演見ることができて本当に良かった。

れなちさんの言葉を借りれば
「アンダーライブは逆境の中で生まれたコンテンツだけど今回は逆境のオンパレードだった」
そんなアンダーライブでしたがその逆境を全て跳ね返したと思います。
史上最高だった、そう言えると思います。

 

アンダーライブは常に背水の陣です。
失敗すればあとがない。
次のアンダーライブもきっとそうだと思います。
今回の逆境よりももっと大きな逆境が待っているかもしれません。
でもこのグループなら、乃木坂46なら大丈夫な気がします。
この先どんな逆境がやってきても跳ね返してくれるはずです。
ずっとずっとこのグループを応援していきたいです。

 

17thアンダーメンバーに幸あれ。
アンダーライブ最高だな!

f:id:ng-aki:20170427155604j:image

 

 

 

 

 

2017.4.22 アンダーライブ全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜 昼公演

 

 

最終日、残り2公演です。
昼公演のセトリから。

 

影ナレ かりん 純奈
M0 OVERTURE
M1 風船は生きている
M2 シークレットグラフィティー
M3 春のメロディー
M4 13日の金曜日
M5 ブランコ
ーMC かりん みり愛 ちはる ‪能條 川村
ーVTR F3(ファンタスティック3)
M6 狼に口笛を(‪まあや)
M7 自由の彼方(まあや)
M8 ここにいる理由(まあや)
M9 生まれたままで(純奈)
M10 左胸の勇気(純奈)
M11 扇風機(純奈)
M12 君は僕と会わない方が良かったのかな(伊織)
M13 初恋の人を今でも(伊織)
M14 涙がまだ悲しみだった頃(伊織)
ーVTR 表題曲 アンダーライブver.
M15 気づいたら片想い(‪まあや)
M16 何度目の青空か?(純奈)
M17 おいでシャンプー(伊織)
M18 夏のFree&Easy
ーMC 写真でくらべてみました
ーVTR
M19 別れ際、もっと好きになる
M20 嫉妬の権利
M21 不等号
M22 あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
ーMC みり愛
M23 インフルエンサー

EN1 ロマンスのスタート
EN2 ハウス!
ーMC みり愛 ‪純奈 まあや 伊織
EN3 風船は生きている(Full ver.)

 

簡単にF3のことだけ。

まあやはめちゃくちゃカッコよかったです。
MCでみり愛も言っていましたが髪が顔にかかって鋭く前を向いている姿が半端なかったです。

純奈は歌声が好きなんです。
ほんとに可愛い。
犬夜叉のひとセリフを言うシーンがありましたが鳥肌やばかったです。

伊織は初めてのソロパートで歌声がめちゃくちゃ可愛かったです。
スタイルがほんとによくてもうあぁ、、、

 


それぞれが色んな想いを抱える中で残すところこのアンダーライブもあと1公演です。

最高のライブになります。
絶対。

昨日一昨日も思いましたがあのライブができるメンバーが最弱なはずがありません。
ちーちゃんの言葉を借りれば史上最少人数最弱ではなく最大にして最強のメンバーです。

全曲全霊。

千穐楽開演まで残り2時間です。