君と僕と僕と君

推しへの愛が止まらない

2017.2.20 橋本奈々未卒業コンサート

 

 

ついにこの日が。

橋本奈々未乃木坂46として過ごす最後の日が。

 

 

飲み会をして帰ってきて1人でハイボール飲みながらこのブログを書いてます。

 

まずはセトリから。

 

影ナレ 92年組(白石 衛藤 松村)

ーVTR

M0 OVERTURE

M1 サヨナラの意味

M2 気づいたら片想い

M3 ガールズルール

M4 バレッタ

M5 制服のマネキン

ーMC 桜井 橋本

ーVTR 桜井

M6 会いたかったかもしれない

M7 偶然を言い訳にして

M8 せっかちなかたつむり(深川→新内)

M9 指望遠鏡

M10 13日の金曜日

M11 でこぴん(深川→秋元)

ーVTR 松村

M12 世界で一番 孤独なLover

M13 やさしさとは

M14 ダンケシェーン(深川→渡辺)

M15 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?

ーVTR 高山

M16 Tender days

M17 革命の馬

M18 ボーダー

M19 制服を脱いでサヨナラを

M20 ポピパッパパー

ーVTR 生田

M21 遥かなるブータン

M22 太陽に口説かれて

M23 シークレットグラフィティー

M24 あの教室

ーMC

M25 ハウス!

M26 ロマンスのスタート

M27 転がった鐘を鳴らせ!

ーMC 生駒 橋本

ーVTR 万理華

M28 ここにいる理由

M29 君は僕と会わない方が良かったのかな(中元→飛鳥)

M30 自由の彼方

M31 生まれたままで(橋本 万理華Wセンター&選抜アンダー全員)

ーHappy Birthday 橋本 万理華

ーMC かりん 和田 川後 純奈 

ーVTR 飛鳥

M32 孤独兄弟

M33 魚たちのLOVE SONG

M34 Threehold choice(橋本 白石 松村)

M35 ロマンティックいか焼き

M36 そんなバカな・・・

ーMC 橋本

M37 孤独な青空

 

アンコール

ーVTR 白石

ーMC 橋本(挨拶)

E1 ないものねだり

ーMC 白石(手紙)

E2 サヨナラの意味 Full ver.

ーMC 橋本

 

 

最初のVTR→OVERTUREから涙が溢れ出てきました。

サヨナラの意味もずっと泣いてました。

1曲1曲、ななみん最後なんだって思うと涙が止まりませんでした。

 f:id:ng-aki:20170221054020j:image

 

 

マネキンあとのMCからは、ななみんが各シングル各アルバムから1曲ずつ好きな楽曲を選んだというセットリスト。

これまでの橋本奈々未乃木坂46だけでなく、これからの、未来の乃木坂46まで示してくれたような、ななみんらしい素敵な選曲でした。

まいまいも46時間TVのLIVEで選んでいましたがボーダー選んでくれるのはやっぱ乃木坂だなって感じがして大好きです。

 

 

ななみんコーナーのあとはアンダー曲。

君僕センター、休業中のひめたんの代わりは飛鳥ちゃんでした。

ななみんの卒業とはまた違う意味での涙が溢れてきました。

 

生まれたままでやるなら今日だろって思っていたのでイントロが流れたときは嬉しかったです。

しかもななみん登場。

ななみんと万理華さんWセンター。

選抜&アンダー全員での披露。

センステ中央のななみんに4人ずつ寄っていく演出で。

泣かないわけないです。

号泣です。

このグループが大好きです。

 

 

そして孤独兄弟。

橋本奈々未白石麻衣

僕たちが思っていた以上にこの2人にはすごい絆があるみたいです。

何度も何度もボロボロに泣くまいやんを初めて見ました。

飛鳥ちゃんがVTRで言っていたように1番のペアです。

 

 

アンコール、ななみんの挨拶。

www.oricon.co.jp

涙が止まりませんでした。

橋本奈々未らしい素敵な挨拶でした。

 

そのあとのないものねだり。

披露したのは幕張の全握、先日の46SHOW、そして今回と3回目です。

玲香ちゃんが言ったとおり1番のないものねだりだったと思います。

この曲を聴くのを僕は避けてきました。

全部で10回も聴いてないと思います。

泣いてしまうから。

 

 

そしてまいやんからの手紙。

やっぱりななみんのことが大好きなんだなって。

2人が抱き合ったシーン、誰もが涙を流したと思います。

 

 

最後はサヨナラの意味。

会場をぐるっとまわって全員にサヨナラを。

他のメンバーが昨年の紅白衣装のなか、ななみんだけは私服のような、みんなとは違う素敵な衣装でした。

乃木坂46から橋本奈々未がいなくなってしまうのを表していたのかな。

 

 

メンバー1人1人とお別れ。

飛鳥ちゃんの番。

あのシーンが1番やばかったです。

目に浮かんでいた涙が溢れ出てきました。

止まらなかったです。

 

 

ラストはゴンドラに乗ってななみんは上に消えて行きました。

ステージバックからでも見えました。

最後にななみんの姿を直接見ることができて本当に良かったです。

幸せでした。

 

 

 

橋本奈々未乃木坂46からいなくなりました。

悲しい、寂しい。

でもいつまでもくよくよしてるのをななみんはきっと望んでいません。

顔を上げて前を向いて目の前にある坂を登って行かなければ。

 

 

 

結局わからなかったサヨナラの意味。

僕なりに答えを出しました。

 

サヨナラとは、死に近いような永遠の別れ。

楽しかったこと、悲しかったこと、全てを想いながら笑顔で手を振ること。

その人の心を永遠に忘れないこと。

 

僕は泣きながらも笑顔でサヨナラできました。

手を振ることができました。

有難う、したっけと言うことができました。

 

 

墓場、女子高生でこういう表現がありました。

「幽霊が消えるのはみんなに忘れられたとき」

僕らの目には見えなくなった今、ななみんは幽霊と同じです。

だからこそ、僕らが忘れなければ、僕らのなかでアイドル橋本奈々未は、橋本奈々未という人間は生き続けます。

忘れたくない、絶対に忘れない。

みんなの憧れだった橋本奈々未を。

僕にきっかけをくれた橋本奈々未を。

大好きな橋本奈々未を。

橋本奈々未よ永遠に。

f:id:ng-aki:20170221161211j:image

 

 

 

 

 

 

したっけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし会えなくなったとしても、何もかも忘れるわけじゃないさ

 

 

2016年10月19日。

オールナイトニッポンでの卒業発表からちょうど4か月。

あと4か月でそれぞれのサヨナラの意味を考えればいい、我等がカイザー設楽さんは言いました。

 

2017年1月15日。

最初で最後の握手。

 

ng-aki.hatenablog.com

 

2017年2月5日。

卒業セレモニー。

 

ng-aki.hatenablog.com

 

 

なんとなくわかったというサヨナラの意味。

でも結局、卒業コンサート前夜になっても、その意味をわかってはいませんでした。

 

 

 

 

『サヨナラとは、再び会うまでの遠い約束である。』

 

でも彼女にはおそらく、もう2度と会うことはありません。

そんな彼女との約束をすることは、僕にはできません。

 

 

 

 

『サヨナラ』とは、、、

『サヨナラの意味』とは、、、

 

明日の卒業コンサートでわかるのでしょうか、、、

 

 

 

涙枯れるまで泣きはらします。

アイドル橋本奈々未のすべてをこの目に焼きつけてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.2.9 3人のプリンシパル 観劇

 

 

当日券並びました。

くぼちゃんを2幕で見たい。

ただその想いです。

 

 

席は7列上手の車いすゾーンに簡易的な座席でした。

 

例のごとく内容は公式レポで。

blog.nogizaka46.com

 

 

1幕

今回はちゃんとメモしました。笑

キャスティング審査シート枠外までびっちりです。

 

 

自己PR

何人か選んで。

 

伊藤理々杏

ぐるぐるバットして早口言葉。

緊張が全く感じられず良かったと思います。

その後の岩本向井の背比べのところでアドリブなのか「こっちのが太い」がウケてました。

 

梅澤美波

ウエスト作る運動しながら人生を語る。

僕が観た2公演よりかなり良かったです。

作られた言葉ではなくその時の彼女自身の言葉が聞けたと思います。

 

大園桃子

今日見た夢の話。

相変わらず自分の番になると全然しゃべれないしめちゃくちゃ緊張してましたが、ほかのメンバーを見ているときに楽しそうに笑っているのがめちゃくちゃ可愛いです。

 

久保史緒里

片足に縄跳びをつけて回して飛びながら、片腕で傘を回し、部活時代のテンションの高い自分を見せる。

1つ剥けたと思います。

想いが強く表れていて良かったと思います。

 

佐藤楓

母が怒るときのマネ。

最初は客観が入って笑ってしまいましたがウケてました。

休憩時間では酒井さんが噛んだのに対してアドリブでいじりを入れていてGood。

 

中村麗乃

大塚愛さんのプラネタリウム

前の公演でジョバンニを勝ち取ったことからか自信が見られました。

歌声も綺麗でした。

 

山下美月

カイワレ大根に話しかける。

こちらも前の公演でカムパネルラを、しかも久保から勝ち取ったことからか自信が見られました。

 

吉田綾乃クリスティー

きっかけ2番サビ。

今回は間違えずに歌いきって、歌声もかなり綺麗で良かったと思います。

 

 

エチュード

正直エチュードはすごいなと思う組と見てられない組が毎公演あります。

これも選んで。

 

C「100万円落とす」中村向井山下

前の公演の2幕に選ばれた3人です。

自信をつけた向井山下がテンポよくやっていてよかったと思います。

そんな中に中村がなかなか入っていけてなかったです。

影ナレの大高さんも中村にふれば良かったのになとも思いました。

エチュード後の休憩時間では涙が見えました。

 

D「ハリウッドセレブ」久保佐藤与田

Cよりもテンポ感に劣るものの機転の利いたセリフがウケてました。

最後与田に「色気出しとこうか」とふるところは素晴らしかったです。

 

 

演技審査

今回は前の2公演より全員が良くなっていて誰が選ばれてもおかしくなかったと思います。

特に気になった人を。

 

ジョバンニ

岩本蓮加

かなり良くなっていて個人的には山下と迷いました。

 

山下美月

自信をつけてさらに凄みが出ていました。

迷いましたがジョバンニは山下に投票しました。

 

カムパネルラ

久保史緒里

さらに進化していたと思います。

2日連続で2幕カムパネルラに選ばれなかった彼女でしたが素晴らしかった。

個人的には文句なしで彼女でした。

 

向井葉月

前の公演でサソリを勝ち取り自信の表れた演技を見せていました。

 

サソリ

伊藤理々杏

りりあん強いってなりました。

歌も上手いですし個人的にはサソリで1番良かったと思います。

 

阪口珠美

シチュエーション「天国」で引き続き個性を出していました。

 

ということで僕の投票は、

ジョバンニ:山下美月

カムパネルラ:久保史緒里

サソリ:伊藤理々杏

敢闘賞:岩本蓮加

 

結果は、

ジョバンニ:山下美月

カムパネルラ:久保史緒里

サソリ:阪口珠美

敢闘賞:向井葉月

 

 

2幕

やっとくぼちゃんを2幕で見れました。

うまい。

そして歌声も素晴らしい。

山下ジョバンニ&久保カムパネルラは最強だったと思います。

僕の中のジョバンニ、カムパネルラのイメージは完全にこの2人。

たまちゃんもダンスシーンでは自分らしさを出していて素晴らしかったと思います。

3回目なのにまた涙が止まりませんでした。

 

 

3幕

セトリ

M0 OVERTURE

M1 命は美しい(センター大園)

M2 裸足でSummer(センター与田)

M3 ガールズルール(センター山下)

 

やっぱり2幕に出た後だと表情が全然違いました。

心からライブを楽しんでいるくぼちゃんを見ることができて良かったです。

まぁ今回もレス祭りでした。

「ごめんね」ではなく「ありがとう」を見れた気がします。

 

blog.nogizaka46.com

 

 

これで僕のプリンシパル参戦は終わりです。

3回目は最悪の環境のなか当日券10時間という無理をしたけど、それでも観て良かった、そう思えるプリンシパルでした。

17thからは3期生も握手に参加し乃木坂46はますます大きくなっていくはずです。

彼女たちと一緒に、1期生2期生3期生全員と一緒に、坂を上っていけたら幸せです。

 

まずは残り少し何事もなくプリンシパルを完走できますように。

 

 

 

 

 

 

2017.2.8 3人のプリンシパル 観劇

 

 

2日連続です。

入れてくれる方が見つかりました。

今回は5列目中央下手寄り。

神席です。

 

 

例によって内容は公式を。

blog.nogizaka46.com

 

 

1度観たのと席が近かったのとでメンバーそれぞれがよく見えました。

 

今回気になったのはももちゃんです。

ひとつひとつの仕草全部が可愛い。

ほんとに頑張って欲しいです。

 

 

あとはれのちゃん。

想いが伝わってきました。

2幕での演技も可愛さが出ていてよかったと思います。

 

 

そしてくぼちゃん。

演技審査ではづっきーの演技を受けて始まる前の目に涙が光っていました。

カムパネルラへのPRでは強い想いを涙とともに伝えてくれました。

その姿に僕は泣いてしまいました。

3役達成を2度も果たしている彼女でさえこんな風になってしまうんだと思うと。

残念ながら2幕には選ばれませんでしたがあの強い想いは次に繋がるはずです。

 

 

 

続いて3幕のミニライブのセトリです。

 

M0 OVERTURE

M1 ぐるぐるカーテン(センター大園?)

M2 おいでシャンプー(センター与田)

M3 走れ!Bycicle(Wセンター与田、  ?)

 

今回は「久保」ボード作っていきました。

ほんとに事ある毎にレスくれて指差しレスも貰いました。

 

2幕選ばれていないメンバーは笑顔で楽しそうに悔しさも見せずにパフォーマンスするんです。

そのひとりであるくぼちゃんがボードをもっている僕やサイリウムを水色黄色にしている人に対して口パクでごめんねって言っていて泣きそうでした。

というか泣きました。

謝らないでほしい。

 

 

 

 

 

悔しそうなくぼちゃんを見てもう1公演入って2幕でくぼちゃんを見たいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

2017.2.7 3人のプリンシパル 観劇

 

 

行けました。

なんとか連番してくれる方を見つけました。

有難い。

 

 

とりあえず運営レポです。

 

blog.nogizaka46.com

 

 

まず出てきて最初に気になったのはたまちゃんです。

1番気持ちが出てるなと感じました。

あとはれのちゃんが思ったより大きいこと、うめちゃんがやっぱりデカいこと、ももちゃんの雰囲気が思ってたものと違ったこと、何回も役に選ばれているメンバーが自信を持ってやっていること、です。

 

 

思ってたより全員レベルが高くて普通に演技できていました。

なにを基準にするのか難しかった。

 

 

自己PRで1番ウケてたのは与田ちゃんだったと思います。

結構中途半端になってるメンバーが多かったのでもっと工夫したほうがいいのかなとも少し思いました。

 

 

エチュードはくぼちゃん、葉月ちゃん、与田ちゃんの3組目です。

特に葉月ちゃんが良かったのかなと。

そもそも影ナレの追加指令の内容が微妙なものもあったのかなとも思いましたが。

 

 

演技審査はまずももちゃんからでした。

全然始めないし後ろのメンバーに「最初ってただいまだよね」とか聞いちゃうし終始アタフタしてましたが1歩目を踏み出せばしっかり演技できていました。

3幕のライブでもいい表情をしていたので殻を破って1歩目を踏み出して欲しいです。

結局ジョバンニは迷わずりりあんに投票しました。

 

カムパネルラはくぼちゃん、与田ちゃん含む5人で激戦。

くぼちゃんは期待値高くしすぎました。

それほど圧倒的ではなかったと思いました。

与田ちゃんも良かったのですが個人的には楓ちゃん。

個人的に好きな抑揚のつけ方で好きな演技でした。

 

サソリは全員良かったです。

この役を選ぶのが1番難しかった。

1人目のづっきーは圧倒的でしたがそのあとのたまちゃん、葉月ちゃんも非常に良かったです。

たまちゃんは1回目オーバーにしすぎて2回目があんまり変化が見られなかったのが残念。

個人的には葉月ちゃんが良かったので彼女に投票しました。

たまちゃんがあと1歩かなと思ったので敢闘賞に。

 

 

2幕選ばれたのは

ジョバンニ:伊藤理々杏

カムパネルラ:与田祐希

サソリ:山下美月

でした。

 

正直普通に感動して涙が出てきました。

脇役のお三方がいい味を出してくれます。

特にお馴染みの柿丸さんの演技は大好きです。

 

歌唱シーンもあるのですが普通に聴けるくらいに上手です。

というより上手くないけど上手いあの感じが物語に合ってるのかなと思います。

 

 

ラスト3幕はライブです。

まずはセトリ。

 

M0 OVERTURE

M1 命は美しい(センター大園)

M2 裸足でSummer(センター与田)

M3 ガールズルール(センター山下)

 

2幕選ばれなかった子は死ぬほど悔しいだろうに3幕ではそんな姿を見せずに笑顔で初々しく精一杯パフォーマンスしていておじさんは泣きそうでした。

みんな可愛くてみんな一生懸命でみんな初々しくて。

あんなライブ久しぶりに見ました。

最高。

 

僕の席は16列目でしたが連番入れてくれた人と2人でサイリウムくぼちゃんカラーの水色黄色にしてたら何回もこっち見てくれるし最後なんか指差しレスくれるし可愛いすぎました。

あぁ可愛い。

 

 

 

3期生みんな可愛いです。

今回で折り返したプリンシパル

最後まで全力で悔いなく突き進んで欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.2.5 サヨナラの意味 個別握手会 パシフィコ横浜

 

 

橋本奈々未ラスト握手会です。

まぁ僕は京都で済ませたので会えませんが。

 

ただ今日は生誕祭と卒業セレモニーがありました。

 

 

と、その前に握手レポから。

 

 

齋藤飛鳥

3部

 

飛鳥ちゃん1枚しか取れませんでした。

うぅ、いっぱい話したいよぅ、、、

 

そんなこと言ったって1枚しかないものは1枚しかないのでしゃーなしです。

 

 

レポにいく前にこいつを紹介しましょう。

シャケまる(仮)

f:id:ng-aki:20170205223700j:image

 

SHOWROOMで登場したシャケです。笑

f:id:ng-aki:20170205223758j:image

 

こいつを左手で持って右手だけで握手しました。

 

飛「あ、シャケ」
あ「あすちゃんあすちゃん(高音シャケvo.)」
飛「うっせうっせ(バシバシ)」
あ「写真集で1番好きなのは」
飛「うっせ(バシバシ)」
剥がし
あ「気球で振り返って笑ってるやつ!(超早口)」
飛「フフフ」

 

シャケまる(仮)が喋ってる感じでいったんですよ。

そしたら口バシバシバシバシ叩かれて。

可哀想なシャケまる(仮)

 

普通に感想言ってもあれなんで。

しっかし可愛かったなぁ。

1回しか会えなかったけど満足です。

あぁ好き。

 

次会えるのは楽天ブックスのイベントです。

楽しみすぎます。

 

 

 

生田絵梨花

5部

 

いくちゃんは乃木坂を好きになったきっかけの1人なんです。

佐久間さんとの『君の名は希望』が大好きなんです。

詳しくはこちらを。

ng-aki.hatenablog.com

 

 

ということで初めて券を取ってみました。

ロミジュリ行くことも決まってたのでそれも合わせて。

 

来るのが遅かったですが出てきてくれたので安心です。

ロミジュリ公演期間中なのでマスク&小声でした。。

 

あ「はじめまして」

い「(頷き)」

あ「ロミジュリ最高だったよ」

い「ありがとう」

あ「ラストシーン号泣だった」

い「えーありがとう」

 

また券取ろうと思います。

舞台頑張ってね。

 

 

 

卒業セレモニー

 

今回が橋本奈々未ラスト握手会なので卒業セレモニーがありました。

超大混雑です。

そんななかでも僕はなんかいい感じのポジションにいることができ、スピーチ中ずっとななみんが見えてました。

 

 

内容は日刊スポーツさんが記事にしてくれています。

www.nikkansports.com

 

卒コンのチケット取れなかったので今日が本当に最後でした。

あの日あの時から考えはじめたサヨナラの意味がなんとなくわかった気がします。

橋本奈々未という人に出会えて幸せでした。

幸せを切に願っています。

さようなら。

 

 

 

まあたぶん卒業の日前後にブログ書きます。

SOL23日まで出るみたいですしそれも含めて。

 

 

 

次の握手会は3月ですね。

また飛鳥ちゃんの券1枚なんですけど。

その前に卒コンバスラがあるので楽しみたいです。(千秋楽だけ)

 

 

以上備忘録でした。

 

 

 

 

『第4レーン、橋本奈々未乃木坂46としての握手会を全て終了いたします』

 

 

 

 

 

限りなく近く限りなく遠い

 

 

 

2017年の12分の1が終わりました。

 

 

推しに会うために行ったUSJに推しが来ないということがありました。

正直はじめから出ないことになってればチケット取ってなかったです。

 

 

そんな状況で1月13日に大きい発表がありました。

タウンワークCM出演

 

めちゃめちゃ大きいのが来ました。

嬉しかったですね。

めちゃ可愛いですし。

ちょち中川君に嫉妬ですけど。笑

 

そして『SamuraiELO 3月号』表紙も発表されました。

 

USJで会えなかった+この2つでなんかわからないですけど飛鳥ちゃんがすっごい遠くに行っちゃったなという感じに思いました。

今までにないくらい遠く遠くに。

勿論喜ばしいし嬉しいことなんですけど、これまで大きい仕事が決まった時には感じたことない寂しさを感じてしまいました。

 

 

でもすぐに京都で握手会があって2か月ぶりに直接会って話したらいつもと変わらない飛鳥ちゃんがいて、あぁ会いに来れるんだな、あぁやっぱり好きだなぁってなりました。

遠いようで近い、近いようで遠い、アイドルはそんな存在だと思います。

 

 

1月25日には1st写真集『潮騒』が発売されました。

重版に重版を重ね10万部です。

 

 

2月1日には『B.L.T 4月号』表紙が発表されました。

 

 

 

細かいものも入れたら数えきれないほど多くの露出がありました。

 

 

でもやっぱり会いに行くといつもと変わらない彼女がいるんです。

会いに行くことができるんです。

やっぱり大好きなんです。

それは恋愛感情では決してないけど特別な想い。

遠いようで近い、近いようで遠い、そんな存在の彼女のことが大好きです。

 

彼女が笑顔でいてくれれば、幸せでいてくれれば、僕は幸せです。

 

 

 

とまあこんな感じで1月の飛鳥ちゃんでした。

おわり。