君と僕と僕と君

推しが導く心のままに