君と僕と僕と君

推しへの愛が止まらない