読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君と僕と僕と君

推しへの愛が止まらない

2017.2.21 5th YEAR BIRTHDAY LIVE Day2

 

新体制初日です。

 

まずはセトリ。

 

ーVTR

M0 OVERTURE

M1 あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

M2 狼に口笛を

M3 左胸の勇気

M4 裸足でSummer

M5 走れ!Bicycle

M6 命は美しい

ーMC 桜井

ーVTR 

M7 失いたくないから

M8 心の薬

M9 海流の島よ

ーVTR

M10 制服のマネキン

M11 ここじゃないどこか

M12 サイコキネシスの可能性

M13 コウモリよ(中元→なし)

M14 人間という楽器

ーVTR

M15 私のために誰かのために

M16 吐息のメソッド

M17 無口なライオン

M18 遠回りの愛情(永島→寺田)

M19 転がった鐘を鳴らせ!

ーMC 生駒

ーVTR 西野(3期生紹介)

M20 人はなぜ走るのか?(3期生)

M21 強がる蕾(3期生)

ーMC 桜井 3期生自己紹介

M22 羽根の記憶(3期生)

ーMC 生駒

ー中継 こじまつり

M23 混ざり合うもの(乃木坂AKB:白石 松村 西野 桜井 生田 小嶋 指原 横山 柏木 珠理奈 宮脇 向井地)

ーMC 白石 松村 西野 桜井

M24 失恋したら、顔を洗え!(乃木團)

M25 月の大きさ(with乃木團)

ーMC 乃木團

ーVTR 星野

M26 あなたのために弾きたい

M27 僕がいる場所

ーVTR 高山

M28 ひとりよがり

M29 ごめんね ずっと・・・

M30 無表情

ーVTR 中元

M31 嫉妬の権利

M32 不等号

M33 急斜面(橋本→高山)

ーVTR 井上

M34 環状六号線

M35 欲望のリインカーネーション

M36 Threehold choice

M37 オフショアガール

M38 白米様

M39 行くあてのない僕たち

M40 ブランコ

M41 バレッタ

M42 ガールズルール

M43 夏のFree&Easy

ーMC 桜井

M44 悲しみの忘れ方

 

アンコール

E1 ロマンスのスタート

E2 そんなバカな・・・

ーVTR 『あさひなぐ』舞台&映画

    舞台主演 齋藤飛鳥

    映画主演 西野七瀬

ーMC 桜井 飛鳥 西野

E3 乃木坂の詩

 

 

なんと22時までの4時間でした。

まさかそんなに長くなるとは思ってなかったです。

 

 

新体制初日、いったいどんなセットリストで来るのかと思っていましたが、まさか開幕咄嗟だとは。

アンダラ2ndを踏襲しつつも全体ライブでは初となるアンダー曲スタートというセットリストをやることで新たな乃木坂46を示していたのではないかと思います。

あとは単純に僕が咄嗟大好きの咄嗟厨なのでめちゃくちゃ興奮しました。

いつもの衣装も大好きですが今回の衣装はさらに良かったです。

 

はだサマでの飛鳥ちゃんの煽り「さいたまーっ!」が可愛くて可愛くて。

去年の夏、確かに彼女はセンターとして駆け抜けたんだなと改めて思いました。

大好きです。

 

3期生はやっぱりみんな可愛かったです。

特に桃ちゃんがまた泣いてるのが面白すぎで可愛かったです。

賛否両論あるみたいですが、僕は3期生が強がる蕾、羽根の記憶をパフォーマンスしたことに意味があると思っています。

彼女たちは乃木坂46の未来です。

全てを乗り越えて前に進んで行かなきゃいけないんだよ。

羽根の記憶に関してはプリンシパル銀河鉄道の夜が蘇って震えました。

 

そして何と言っても混ざり合うものです。

やるなら今日しかなかったのでやってくれて本当に良かったです。

こじはる卒業ライブと中継するのはちょっと違うと思いますし、僕自身好きな曲なので。

ゆきりんのパフォーマンス久しぶりに見ました。

 

乃木團はあいかわらずかっけぇんすよ。

今回はひめたんがいないということで特に愛未ちゃんのソロでしたが素晴らしかったです。

クリライアンダラでやった乃木團演奏での楽曲披露もばっちりでした。

 

ひめたんVTRからの嫉妬、不等号の流れは反則でした。

ずるいよ、、、

 

あとはあとは、アンコールで重大発表がありました。

スピリッツ連載中の『あさひなぐ』舞台&映画化。

個握欠席の謎が解けましたね。

やっぱり舞台でした。

映画主演はなーちゃん。

そして舞台主演は飛鳥ちゃんです。

舞台が苦手だけど克服したいと年始の雑誌で答えていたのでめちゃくちゃ楽しみです。

 

 

 

OVERTURE→咄嗟や乃木團演奏などなどたくさんのこれまで良かったものを踏襲しつつ、新しいことにもチャレンジして見事に成功させた今回のライブ。

新体制初日として新たな乃木坂46としての道を示していたのではないかと思います。

 

最終日はいったいどうなるのか。

果たして17th表題曲の披露はあるのか。

最後まで楽しみたいと思います。